ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

メタノールプラント

メタノール

メタノールは、天然ガスを原料として生産される基礎化学品のひとつで、主に、ホルマリン、酢酸、ガソリン添加剤などの原料として使用されます。また、今後はバイオディーゼルやDME(ジメチルエーテル)の原料、燃料電池用の燃料など、いろいろな分野での利用が期待されています。

メタノール合成ガス用コンプレッサ

メタノールプラントの大型化に伴い、プラントの心臓部となる合成ガスコンプレッサも大型傾向にあります。
当社もこのニーズに対応して大型プラント用高効率大型圧縮機・タービンの技術開発を行ってきました。

右上写真:サウジアラビアに納入された、合成ガス用圧縮機と両軸駆動の蒸気タービン

メタノール合成ガス用コンプレッサ
メタノール合成ガス用コンプレッサ

右下写真:ギニアに納入された合成ガス用圧縮機と駆動用ガスタービン

メタノール合成ガス用コンプレッサ
メタノール合成ガス用コンプレッサ

メタノールプラント用蒸気タービン

メタノールプラントの大型化に伴い、プラントの心臓部となる合成ガスコンプレッサも大型化傾向にあります。
大容量蒸気タービンには、排気車室にダブルフロー型を適用するタービンメーカが多く見られますが、当社は低圧タービン動翼にチタン合金製動翼を用いるシングルフロー型排気車室を適用することにより、よりコンパクトな設計となっています。

メタノール合成ガス用コンプレッサと両軸駆動の蒸気タービン

メタノール合成ガス用コンプレッサと両軸駆動の蒸気タービン
メタノール合成ガス用コンプレッサと両軸駆動の蒸気タービン

ページのトップへ戻る