ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

FPSO: 浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備
(Floating Production, Storage and Offloading System)

タンカー等の船上に石油やガスを生産・貯蔵・出荷する設備一式をそろえた設備を、「浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO (Floating Production, Storage and Offloading System)」といい、深海石油・ガス田の開発に用いられています。

FPSO向けCO2インジェクション用コンプレッサ

右の写真はブラジルのFPSOに納入されたCO2インジェクション用コンプレッサです。
FPSOでは井戸元より汲み上げた石油・天然ガスを気液分離した後、石油は船体タンクに貯蔵し、直接輸送用タンカーに積出を行います。天然ガスはガス処理(酸性ガス除去、水銀除去、脱水等)が実施され、ガス処理の過程で発生するCO2はEOR (原油増産回収法 : Enhanced Oil Recovery) へ有効活用されています。ガス処理後の天然ガスは、パイプラインにて輸送又はEORへ利用されます。
当社は、各過程において使用される各種コンプレッサを提供し、ガス・原油増産を通じてエネルギー安定供給に貢献しております。

FPSO向けCO2インジェクション用コンプレッサ

FPSO向けCO2インジェクション用コンプレッサ

ページのトップへ戻る