ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

肥料プラント

肥料プラントでは、石油・天然ガスなどのエネルギー原料を用いて、アンモニアを合成し、窒素や尿素の含まれた化学肥料を生産します。
アンモニア(NH3)を生産するためには、空気中の窒素と、石油や天然ガスから取り出した水素を高圧で合成させる必要があります。またアンモニアに二酸化炭素を合成すると尿素(CH4N2O)が生成されます。
肥料プラントでは、プロセス反応熱を高圧蒸気に変換して、コンプレッサの駆動機となる蒸気タービンを動かしています。

合成ガス圧縮機と両軸駆動の蒸気タービン

合成ガス圧縮機と両軸駆動の蒸気タービン
合成ガス圧縮機と両軸駆動の蒸気タービン

ページのトップへ戻る